ITGI Japan カンファレンス 2022 の見どころ

「不確実性の高い時代におけるセキュリティ、リスクマネジメント、ガバナンス(仮)」

 

←カンファレンスのページに戻る

 

 

ITGI2022_SamuelsonDavid.jpg 

 


 Mr. David Samuelson


ISACA 国際本部CEO

 

 

 

 

 

【 略歴 】

ISACA CEO David Samuelson is a seasoned executive with particular strength in strategic and technology leadership, communications and execution. He has a deep foundational expertise in operational execution, product management and leadership, and deep industry experience in global education technology, software development, consumer publishing, television, and theater. Samuelson has had proven success in both creative ideation and tactical execution of ideas, with an excellent track record of working effectively across global, complex and matrixed organizations. His 25 years in education began at the Minnesota Educational Computing Corporation as vice president and executive producer. He worked at Pearson, the leading global education company, for 15 years in a variety of executive roles, including president of global schools, chief marketing officer and product strategist for Pearson’s US School division, and VP of the Family Education Network. Samuelson’s earlier career in theatre and television included an Emmy award-winning children’s television producer.

彼は戦略的および技術的なリーダーシップ、コミュニケーションの実践において特に強みを持つ経験豊富なエグゼクティブです。専門的知識は業務遂行、製品管理、およびリーダーシップに関する深い物を持ち、グローバルな教育技術、ソフトウェア開発、消費者向け出版、テレビ、および演劇においても深い業界経験を持っています。また彼は、創造的な着想とアイデアの戦術的な実行の両方で成功を収めており、グローバルで複雑でマトリックス化された組織全体で効果的に働いてきた優れた実績があります。彼の 25 年間にわたる教育関連の実務は、ミネソタ教育コンピューティング コーポレーションの副社長兼エグゼクティブ プロデューサーとして始まりました。世界有数の教育企業であるピアソンに 15 年間勤務し、グローバル スクールの社長、ピアソンの米国学校部門の最高マーケティング責任者および製品ストラテジスト、家族教育ネットワークの副社長など、さまざまな役職を歴任しました。彼の演劇とテレビでの初期のキャリアには、エミー賞を受賞した子供向けテレビ プロデューサーが含まれていました。

 

 

 

 

講演1

ITGI2022_PNigroSmall.jpg 

 


 CRMA, CISA, CGEIT, CRISC, CDPSE

ISACA 国際本部会長

Ms.Pamela (Pam) Nigro

 

 

 

 

【 略歴 】

Ms. Nigro is Vice President of Security and Security Officer at Medecision where she is responsible for all cyber security efforts that secure and protect information important to Medecision and its customers, while ensuring the overall cyber resiliency of the company.  Previously she was Vice President Information Technology and Security Officer at Everly Health Solutions where she took an acquisition through a digital transformation and transformed its security posture. Prior to Everly Health she was the Senior Director of Information Security focusing on the GRC practice at Heath Care Service Corporation (HCSC), the fourth largest health insurance company. Former to HCSC, Nigro joined the Digital Assurance and Transparency in the Trust Solutions practice at PwC where she served both audit and non-audit clients. She is an experienced board member, recognized thought leader and subject matter expert. Ms. Nigro is also an Adjunct Professor at Lewis University in Illinois where she teaches graduate-level courses on Health Information Security, Healthcare Data Security, Privacy, and Confidentiality, Healthcare Informatics, Ethics, Risk, IT Governance and Compliance, and Management of Information Systems in the MSIS and MBA programs. She has more than 25 years of experience in the healthcare industry, the information technology industry and holds numerous IT certifications. Ms. Nigro has achieved her MBA from Illinois Institute of Technology. She also achieved her “Distinguished Toastmaster” from Toastmasters International. She is an industry and keynote speaker, and contributor to industry articles and journals, as well as industry certification review manuals and training materials.

 彼女は Medecision のセキュリティおよびセキュリティ オフィサーのバイスプレジデントであり、Medecision とその顧客にとって重要な情報を安全に保護し、会社全体のサイバー レジリエンシーを確保するためのすべてのサイバー セキュリティの取り組みを担当しています。以前は、Everly Health Solutions の副社長情報技術およびセキュリティ責任者であり、デジタル トランスフォーメーションを通じて買収を行い、セキュリティ体制を変革しました。 Everly Health に入社する前は、第 4 位の健康保険会社である Heath Care Service Corporation (HCSC) で GRC(Governance Risk Compliance)に焦点を当てた情報セキュリティのシニア ディレクターを務めていました。HCSC 勤務の前歴では、PwC のトラスト ソリューション プラクティスのデジタル アシュアランスおよび透明性部門に参加し、監査クライアントと非監査クライアントの両方にサービスを提供しました。彼女は経験豊富な取締役であり、著名な思想的リーダーであり、主題の専門家でもあります。 イリノイ州のルイス大学の非常勤教授でもあり、医療情報セキュリティ、医療データ セキュリティ、プライバシーと機密保持、医療情報学、倫理、リスク、IT ガバナンスとコンプライアンス、および情報の管理に関するMSIS および MBA プログラムで大学院レベルのコースを教えています。彼女はヘルスケア業界、情報技術業界で 25 年以上の経験があり、多数の IT 認定資格を保持しています。 彼女はイリノイ工科大学で MBA を取得しています。彼女はまた、Toastmasters International から「Distinguished Toastmaster」を取得しました。彼女は業界および基調講演者であり、業界の記事や雑誌、業界の認定レビュー マニュアルやトレーニング資料に寄稿しています。

 

【 講演概要 】

linehead.jpg タイトル: 不確実性が高い時代のセキュリティ、リスクマネジメントのあり方(仮)

 

coming soon・・・

 

 

 

講演2

ITGI2022_Harada.jpg 

 

情報セキュリティ大学院大学名誉教授

日本ITガバナンス協会 理事

原田 要之助 

 

 

 

 

【 略歴 】

1979年電信電話公社(現NTT)の研究所,1999年から、情報通信総合研究所、2005年から大阪大学工学部大学院工学研究科の特任教授(兼務)、2010年から2019年まで、情報セキュリティ大学院大学の教授としてリスクマネジメント・情報セキュリティマネジメントを担当,
2001年から2003年まで,ISACA東京支部会長.2008年から2010年までISACA国際本部副会長
2007年より、ISOのSC27,SC7,WG6,WG8,SC40,SC41、SC42での規格開発に参画,2019年よりSC42のJWG1(AIのガバナンス)の国際コンビナー,2019年に標準化貢献賞,2013年にInformation Security Leadership Achievement賞を受賞

 

【 講演概要 】

linehead.jpg タイトル: ISOにおけるITガバナンス/AIガバナンスの標準化について

ISO.IEC JTC1では、2008年にITガバナンスの規格であるISO/IEC38500を発行して以来、ITガバナンスにかかわる規格を作成してきた。2022年には、ISO/IEC38507AIガバナンスを発行し、また、ITガバナンスの実践の度合いを評価するITガバナンスのアセスメントの規格を策定した。この規格は、現在、JIS化が進められており、今後、日本においても広く使われると考えられる。
本セミナでは、上記の2つ内容を概説するとともに、現在のISO/IECにおけるITガバナンス関連の規格の開発状況について紹介する。

 

 

 

 

講演3

eto_ITGI2022.jpeg 

 

 

日本年金機構  理事(特命担当)

江藤 友保 様

 

 

 

 

【 講演概要 】

linehead.jpg タイトル: 日本年金機構におけるITガバナンスの取組について

2010年1月に設立された日本年金機構は、発足当初、年金記録問題に集中して取り組みました。その後、2015年に発生した不正アクセスによる情報流出事案、2018年の委託業者による不適正事案への対応を経て、情報セキュリティ対策やITガバナンスを強化してきました。当機構におけるITガバナンスの取組についてご紹介します。

 

 

 

 

講演4

ITGI2022_hayashi.jpg

 

デジタル庁 デジタル社会共通機能グループ

アイデンティティユニット ユニット長 

林 達也 様

 

 

 

【 略歴 】

デジタル庁 アイデンティティアーキテクト(現職)/経済産業省 情報プロジェクト室 デジタル化推進マネージャー/株式会社パロンゴ取締役(現職)/LocationMind株式会社(現職)/慶應義塾大学KMD研究所リサーチャー(現職)/OpenIDファウンデーション・ジャパン理事等。
2004年に情報技術の研究開発支援・コンサルテーションを行う株式会社レピダムを創業。2009年頃から主にW3CやIETFを中心としたウェブ及びインターネット技術の標準化活動に参加。近年は認証・認可技術やプライバシー、パーソナルデータ、デジタルアイデンティティ分野を専門としている。

 

【 講演概要 】

linehead.jpg タイトル: デジタル社会の共通機能:アイデンティティに関するデジタル庁の取り組み

現在進行形でデジタル社会を形作っていく我々にとって、アイデンティティは重要な基盤となる概念です。デジタルアイデンティティと、フィジカルな世界のアイデンティティをどう関連させていくかは、デジタル庁においても重要な課題となっています。
そういった中で、いまデジタル庁においてアイデンティティ、ID、認証、プライバシー等についてどういう取り組みを行っているのか、どういう視点でデジタル社会の実現を模索しているのかをご紹介出来ればと思います。