updated on

日本ITガバナンス協会


ITGI Japan カンファレンス 2017 の見どころ

〜「デジタル・トランスフォーメーション」時代におけるITガバナンスのありかた〜

>> カンファレンスのページに戻る

基調講演

早稲田大学ビジネススクール
教授 根来 龍之 様
早稲田大学ビジネススクール教授。同ビジネススクール前研究科長。早稲田大学IT戦略研究所所長。京都大学卒業。経営情報学会会長、国際CIO学会副会長、組織学会理事、CRM協議会顧問などを歴任。経営情報学会論文賞を3度受賞。『プラットフォームの教科書』『ビジネス思考実験』『事業創造のロジック』(日経BP)、『IoT時代の競争分析フレームワーク』(中央経済社)、『プラットフォームビジネス最前線』(翔泳社)などの著書・編著がある。

【 講演概要 】
 タイトル:デジタル化と破壊的イノベーション
ネットの発達によって、従来のビジネスは産業構造の変化に直面している。この問題の本質を破壊的イノベーション論を批判的に発展させる立場から、抽象論ではなく具体的状況に即して議論する。 具体的には、コンテンツ(新聞、動画、書籍等)、玩具、小売業、自動車等の産業を具体例にした議論を行う予定である。例えば、多くの新聞社は、「紙」ビジネスを守りながらデジタル対応を模索している。しかし、その結果、ただ乗りにも見える「キュレーションメディア」や「ソーシャルメディア」への対応に遅れがあると言わざるをえない。



講演1

一般社団法人 日本経済団体連合会
情報通信委員会 企画部会長 代行
梶浦 敏範 様
 1981年、日立製作所入社。ICT機器やシステムの企画・開発を手がける。2001年に新規事業開拓部門の部長職に就き、2003年以降、小泉内閣や麻生内閣のIT戦略などICT政策に関与。このころから経団連での政策活動を続け、2017年から情報通信委員会部会長代行。インターネット経済やサイバーセキュリティに関する提言をとりまとめている。

【 講演概要 】
 タイトル:データ活用拡大への期待と当面する課題
 あらゆるものがインターネットにつながる「IoT時代」を迎え、データを活用した業務改善・付加価値向上・新事業創生の可能性は著しく拡大している。しかしその前提として、プライバシー保護への配慮やサイバー攻撃への対処は企業に必須のものとして求められる。一方インターネットには国境が無く、各国政府のデータ活用に対する姿勢は一致していない。ここでは、国際的なデータ活用拡大に向けた課題と、産業界がその対策として各国政府に求めていることを紹介する。



講演2

株式会社 野村総合研究所
主席研究員
譲原 雅一 様
1986年 野村総合研究所入社
1986年〜 大手証券会社第三次オンラインシステム構築
1988年〜 システムコンサルティング事業に従事
     業務・システム化構想策定、IT組織・情報子会社改革

【 講演概要 】
 タイトル:日本企業におけるデジタル・トランスフォーメーション
 JUASとNRIによる「デジタル化の進展に対する意識調査」では、日本企業のデジタル化対応は欧米と比較して遅れている一方で、他社に先んじてデジタル化を推進している企業があることが分かってきました。
 デジタル化で先んじた欧米企業ではどのようにデジタルトランスフォーメーションに挑んできたかを概観し、日本企業におけるデジタルトランスフォーメーションの在り方を提言します。



講演3

金融庁
総括審議官(金融庁CIO)
佐々木 清隆 様
1983年 大蔵省(現財務省)入省
1998年 金融監督庁(現金融庁)検査部総括補佐、企画官
2002年 IMF Senior Financial Expert
2005年 証券取引等監視委員会 特別調査課長
2007年 同委員会 総務課長
2010年 金融庁検査局総務課長
2011年 同局審議官兼公認会計士・監査審査会事務局長
2015年 証券取引等監視委員会事務局長などを経て、2017年に現職

【 講演概要 】
調整中





最後に


本カンファレンスは、これからのITガバナンスを全体最適の視点から考察する上で、絶好の機会です。多くの方々の参加をお待ちしております。

日本ITガバナンス協会について

日本ITガバナンス協会、ITGI Japanは、ISACA/ITGI国際本部が所有するITガバナンス等に係る文献の日本語訳の無償提供、知識の普及のためのカンファレンスを2006年から継続して行っている非営利のボランティア団体です。



copyright© ITGI Japan - All rights reserved.