updated on 2018.12.24

日本ITガバナンス協会

パフォーマンスマネジメント

1. 概要
COBITパフォーマンスマネジメント(CPM)は、ガバナンス及びマネジメントシステムがいかにうまくいっているか、及び要求された水準までいかに改善され得るかを示している。能力水準及び成熟度のような概念及び手法を包含している。


COBIT 2019は以下のような原理に基づいている。
 ・ 理解及び利用が容易
 ・ COBITの概念モデルと一致し、そしてこれを支える。
 ・ 信頼でき、繰り返し可能で、適切な結果を提供する。
 ・ 柔軟でなければならない。
 ・ 異なるタイプのアセスメントを支援すべきである。


2. 能力と成熟度
 ・ COBIT 2019はCMMIベースのプロセス能力方式を採用している。
 ・ 各ガバナンス及びマネジメント目標の中のプロセスは能力水準0から5の間で測ることができる。
 ・ 能力レベルはプロセスがいかにうまく導入され遂行されているかを測定するものである。
 ・ 各プロセスの活動は能力レベルに応じたものとなる。

能力レベル

・ 各プロセスアクティビティは能力レベルと関連づけられる。
  - 利用者の導入を基礎レベルで支援
  - より高い能力水準を達成するために、将来のアクティビティを特定。

アクティビティ

・ しばしばパフォーマンスを表現するためにより高い水準が要求される。それは個々のプロセスの能力の格付けよりもより粗い粒度においてである:成熟度の水準
・ 我々はCOBIT 2019における成熟度レベルを、重点領域の水準におけるパフォーマンス指標として更新する。

成熟度レベル


copyright© ITGI Japan - All rights reserved.